血糖について
血糖について
糖尿病について
糖尿病について
糖尿病の治療
糖尿病の治療
糖尿病の予防法
糖尿病の予防法
人工膵臓・膵島移植の研究
人工膵臓・膵島移植の研究

分類・疫学
症状・診断
糖尿病性腎症
糖尿病性神経障害
・網膜症
妊娠糖尿病

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病という概念があります。妊娠に伴い糖尿病が悪化する場合と、もともと糖尿病のなかった人が妊娠を契機に糖尿病様の症状をきたす場合があります。 厳密には、持病の糖尿病が妊娠を契機に悪化することを「糖尿病合併妊娠」、今まで糖尿病でなかった人が妊娠を契機に糖尿病と診断されたときは「妊娠糖尿病」と言います。 これらは、単純に糖尿病がおこるというよりも、妊娠によって糖の利用に変化が起こるために起こるとされています。

胎児は、母体から糖をもらって成長しています。妊娠に伴い、胎児側から胎盤性ホルモン(hPLが代表的)が分泌されます。 hPLを代表するホルモンは、母体のインスリン抵抗性を増加させる働きを持ちます。これは、母体中の血糖値があがるとインスリンによって、 糖を細胞に取り込んだり蓄積の形へ変換したりして糖を一定に保つ能力を抑え、胎児に十分な糖分を送るための仕組みです。

健常者であれば、このインスリン抵抗性に対して、膵臓がインスリン量を増加させることで均衡を保ちます。しかし、糖尿病が持病にあったり、 糖尿病の診断はされていなくとも膵臓の予備能がなければ、母体の血糖が著しく上昇してしまいます。
母体の血糖が上昇すると、高血糖による毒性によって血管の障害がおき、流産や早産となることがあります。程度がひどければ、他の項目で説明するアシドーシスを生じ、 胎児の状態が悪くなります。他、胎児の血糖が上昇することで胎児が高血糖状態となります。このため胎児は巨大児になり、一般の糖尿病患者と同様、多飲・多尿が起こります。 胎児の羊水は、胎児の尿から産生されているため、多尿によって羊水過多症となります。巨大児、羊水過多症はどちらも早産のリスクとなります。

妊娠中の検診にて、血糖値の異常から「糖尿病合併妊娠」や「妊娠糖尿病」と診断された場合は通常の糖尿病と同様の治療をします。 ただし、薬物療法は胎児への影響を考えて行われません。食事療法を厳密に行い、コントロール不良の場合はインスリン療法を行うこととなります。
また、胎児は高血糖のためにインスリンの濃度は上昇しており、出生後もインスリンの効力が持続してしまいます。このために出生後に低血糖が起こります。 新生児の低血糖は重篤な後遺症を残す状態であるため、直ちにブドウ糖を輸液するなどの処置が必要となります。糖尿病がある妊婦は、新生児の管理もできる大きな病院での出産が望まれるのです。

▲ page top

血糖について
糖尿病について
糖尿病の治療
糖尿病の予防法
人工膵臓・膵島移植の研究
© Copyright 糖尿病治療の未来 All rights reserved.