血糖について
血糖について
糖尿病について
糖尿病について
糖尿病の治療
糖尿病の治療
糖尿病の予防法
糖尿病の予防法
人工膵臓・膵島移植の研究
人工膵臓・膵島移植の研究

分類・疫学
症状・診断
糖尿病性腎症
糖尿病性神経障害
・網膜症
妊娠糖尿病

糖尿病について(分類・疫学)

糖尿病は国内に270万人、糖尿病による死亡者は年間1万5千人程いると言われています。さらに、予備軍とよばれる人も多く、 治療をされていない糖尿病も多くいるとされています。

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病の二種類があります。1型糖尿病は、糖尿病のうち5%ほどと人口は少ないですが、小児期に発症する特徴があります。 原因は、前述したインスリンというホルモンの分泌不全であり、急激に症状が出現し、インスリンの薬が必要となることがほとんどです。 遺伝が関与していたり、自己の細胞を破壊するような免疫が働いている場合もあり根治は困難です。
1型糖尿病の中には、劇症とよばれる数日で糖尿病症状を来すものと、緩徐進行型とよばれる徐々にインスリン分泌が低下する型があります。 劇症型では特定されていないウイルスへの感染を契機に、ウイルスのもつ蛋白と自身の膵臓が類似することで膵臓までも攻撃してしまうことが誘因とされています。

2型糖尿病は、いわゆる生活習慣病の1つでもある罹患率の多い疾患です。糖尿病のほとんどが2型であり、中年以降に発症します。 こちらも遺伝は濃厚に関与していますが、中年までの生活習慣も発症の時期や症状の強さに影響すると言われています。生活習慣が発症に寄与するため、ある程度予防も可能です。 1型糖尿病と決定的に違うのは、インスリンを分泌する機能はある程度保たれていることが多く、インスリンの分泌能の低下も起こるがインスリン抵抗性が高まることも一因であるということです。

インスリン抵抗性とは、同じ量のインスリンが分泌されても反応が鈍くなるということです。肥満や過食、運動不足、ストレスなどによってインスリンへの反応性は低下することが知られています。 経過はゆっくりであることが多く、定期的な健診を行わないと気づかないことも多くあります。しかし、高血糖自体が膵臓の細胞へダメージを与え症状を進行させると言われているため、 早期発見、早期治療介入が重要です。

▲ page top

血糖について
糖尿病について
糖尿病の治療
糖尿病の予防法
人工膵臓・膵島移植の研究
© Copyright 糖尿病治療の未来 All rights reserved.